海外に行く際は関西国際空港でwifiをレンタルするとお得です

海外でwifiを利用するために

女性

海外で通信料が高くなる理由

国内では当たり前にある「パケット定額制」が海外においては対象外になるのが原則で、データ量に応じて料金が発生するシステムだからです。もし海外に行った際に、スマホの自動メールチェック機能をそのままにしてしまうと、1日に20万円ほどの請求が来るケースもあるので、海外への出張や旅行の際は十分に気を付けましょう。

wifiルーターをレンタルすると

何も対策をせずに、海外でスマホを利用すると高額請求される可能性がありますが、事前にwifiルーターをレンタルすると、そのような心配はありません。通信料も安くなっており、電話会社の数分の一の料金で、パケット定額が保証されるので安心して利用することが出来ますよ。

同時接続も可能です

友人たちと海外旅行に行く際に、ちゃんと人数分のwifiルーターをレンタルしないといけないのかと思いがちですが、そのようなことはありません。ルーターを1つレンタルしていれば、5台から最大10台までwifi対応機器を同時接続することが出来ますよ。そのため、家族や友人とシェアすれば、1人当たりの料金がさらにお得になります。

関西国際空港で利用する

海外旅行へ行く前にwifiルーターは必須。海外にも無料wifiスポットが増えているものの、他人にマイ情報を知られる危険性があるのです。格安wifiルーターもあるので、出発前に利用できる機種を見てみては。

とっても簡単!wifiルーターをレンタルする手順

wifiルーターをレンタルする会社を決めよう

便利なwifiルーターを持って海外旅行へ出かけるときは、事前に複数の会社を比較しておくと便利。みるポイントとして電波の入りやすさや、エリアの広さは優先順位に入れておきましょう。

申し込みをする

レンタル申し込みするときは店頭受付も可能ですが、事前に決めるならネットからでもOK!短期~長期の利用が可能なので、例え長期的な海外滞在になったとしてもお得なプランを活用できます。

受け取る

宅配で指定の場所まで届けてもらうか、関西国際空港などの空港カウンターにて端末を受け取ることが出来ます。受け取り方法は申し込みの際に選ぶことが出来るので、受け取りやすい方法を選択すると良いでしょう。

現地にて実際に利用する

無事にwifiルーターを受けとることが出来たら、海外にて実際にお使いください。wifiルーターの使用方法や接続手順などは、取扱説明書を見て行いましょう。また、万が一故障した場合は、各レンタル会社のサポートぺージをご覧ください。

返却する

返却するときに、もしも故障や破損などがみられるときにはその代金が徴収される可能性があります。レンタルする会社によって設けている金額が異なり、平均でも7,000~10,000円とされています。取り扱うときには充分注意しましょう。